• トップ /
  • 家探しの際に知っておきたいこと

家探しで直接契約する時に

家探しでは不動産業者に仲介を頼む場合も多くなっているわけですが、仲介を頼まず、個人で直接契約してしまうのも選択肢です。直接ですと仲介手数料は取られませんから、この点は費用を浮かせられるわけです。不動産では動くお金も大きいですから、家探しの報酬として仲介業者に支払うお金も割りと大きくなりかねません。その分を節約して、他の必要経費に割り当てたいという方も少なくはないでしょう。しかし、家探しを直接契約で考えている際には注意点があるので、抑えておきましょう。まず、不動産取引では、自身は物件の管理だけを行い、契約や交渉は外部に委託しているタイプの会社もあるので、そういった時は直接契約は難しいでしょう。つまり、不動産取引は直接契約できる場合と出来ない場合があるということですので、交渉はどちらかと言うとダメ元と言えるかも知れません。また、大きな注意点なのは一旦、仲介を介して家探しをしてもらい、いい物件が見つかった後、仲介と契約解除して、直接、取引契約をまとめるというものです。これは、見た目的には仲介を排除しているのですが、実質的には仲介会社への報酬支払い義務が残るケースが多く、訴えられると負けてしまう危険性が多分にある為、注意点として覚えておきたいものです。

↑PAGE TOP